好きな建築8月

こんにちは

私、建物が好きでしてお休みの日は気になる建物を見に行っています。


好きなものをあげ始めたらキリがないのですが、たまーにこちらでご紹介できればなと、、、


少し語らせてください。


2022年といえばやはり、、!!!

そう!中銀カプセルタワーですね。

なぜかというと今年で取り壊しが決まってしまいまして。涙






70年代の建築 黒川紀章氏設計のメタボリズムの代表作

全体像を見るとわかるように同じようなブロックが連結されているような建物。

これはひとつひとつ取り外したり、再度付け直したりとできるように考えられ200年持つ計算だったようです。結局完成してから約50年の間にそれが行われたことはないのですが。(1つあたり1千万近いコストがかかるようです。)


これって今のSDGsの考え方のようですよね。





私も以前見学に行ったことがあります。

1部屋10平米ほどで決して広くはないのですがTV、ステレオ(この2つ現在使えない)、デスクはベッドから届く位置にあり実際ここで生活したらベッドから動かないんだろうなと想像。自分だけの秘密基地感 満載ですごく魅力的でした!!

デザインが70年代で色使いや節々が昭和の香りが漂うといいますか

今風にいうと、とてもエモいんですよね。共有部のデザインもいいんですよ!

ただ今回老朽化により取り壊されるということなので家電使えない、雨漏り等々 住みずらさも多々出てきたようですね。


取り外さないで直せばいいじゃん と思うのですが 部屋同士の間隔が狭すぎてうそれは難しいようです。


取り外された後のカプセルたちは美術館へ行くもの、宿泊施設等へ行くものとまだ活躍するようなのでタワービルでは無くなりますがどこかでお目にかかれるかもしれません。今後も目が離せません。



item kitasando Kaneko